【学科専門科目】フランス語学論

授業での出席情報送信はこちらから。欠席連絡はこちら

1年 2年 3年 4年 備考
1学期 2学期 3学期 4学期 5学期 6学期 7学期 8学期
× × 重複履修可能


履修者数(過去11学期平均) 79.72人(2019年度春学期時点)
定員 なし
出席 毎回とります
受講上の注意  教室中央の通路より前(黒板側)に座ってください。

授業中の指名 毎回ランダムに指名します。ただし、解答内容は評価に影響しません
予習 原則として不要です
教科書 プリントを配布します(後日ホームページからダウンロード可能)
授業風景 授業風景を録画したビデオを、受講生は後日視聴できます
小テスト 実施しません
リアクションペーパー 毎学期、何回か提出を求めます
学期末試験 実施します
学期末試験の形式 論述形式。5・6問から任意の2・3問に答える試験、持ち込みはすべて自由、毎年問題は変わります
卒業再試験 原則として実施しません
追試験 鉄道会社発行の遅延証明書、通院した記録(領収書等)等があれば実施します
評価 リアクションペーパー+学期末試験の点数で評価します(授業中に積極的な発言をした場合には加点します)
聴講 原則として受け入れますが、あらかじめ許可をとってください
年度による内容の重複 多少はありますが、原則として毎年授業内容・試験問題ともに新しいものを用意しています
 
授業内容概要 講義目的・概要:形の変化の面(形態論)、構文の面(統語論)、発音の面(音声学・音韻論)、意味と構文との係わりの面(意味論)から、フランス語の仕組みを解明する。毎回の授業では、その授業でテーマとなる項目について現代フランス語における原則、制約を確認しながら、仕組みを解明していく。なお、大部分は過去2年間の講義内容とは異なるものとなる(最長3年間重複履修可能)。

受講者に求めること:受講者のフランス語力は問わないが、内容上、最低でも1年次の文法の授業内容を理解できていなければ、この授業についていくことは難しい。不安なところがある人は、予め復習しておくか、授業時間外に質問に来ること。また、フランス語に興味を持ち、授業中には、随時、各自の意見を求めるので、常に考える姿勢を持っていて欲しい。受講予定者は必ず第1回目の授業に出席すること。卒業再試験は行わないので注意すること。

授業風景